あなた・わたし・みんな

夏季特別企画/国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業あなた・わたし・みんな

終了しました

  • 会期
    2022年7月23日(土)から2022年8月31日(水) まで
  • 会期中の休館日
    なし
  • 時間
    10:00-16:00(開館時間は9:00-17:00)

人は、人と接する中で人として育ちます。
自分の気持ち、感じ方、考え方を他の人と共有することは、人のとても重要な欲求であり、大きな喜びでもあります。
「あなた・わたし・みんな」では、様々な遊びが繰り広げられます。
発信者である「わたし」を確かに感じるあそび、受信者である「あなた」を感じるあそび、
さらに広がって「みんな」の『つながり』を実感するプログラムです。
いろいろなあそびを通して、楽しさ、喜びを体験します。

 

国際芸術祭「あいち2022」連携企画事業

◎みんなであそぶプログラム

「たくさんのあなた」

館内のあちらこちらをめぐり、いろいろなあそびをすることでたくさんのあなたに出会えるあそびです。

とき: 2022年7月23日(土)~8月31日(水)
10:00〜11:30  12:30〜16:00
場所: 1階 あそびのスタジオ1
対象: 子どもと大人(未就学児までは大人と一緒に参加)
受付: 随時参加

 

「ちいさいわたし」

木をのこぎりで切ってちいさな”わたし”をつくります。

とき: 2022年7月23日(土)~8月31日(水)
12:30〜16:00
場所: 1階 あそびのスタジオ2
対象: 子どもと大人(保護者と一緒に参加)
受付: 随時参加

 

◎あつまるあそぶプログラム

大猩々発生
次回開催日:2022年8月20日(土)

巨大な猩々の顔をつくります

とき: 会期中の土、日曜日 14:00〜15:00
場所: あそびのスタジオ2
対象: 5歳以上の子どもと大人
定員: 4組
受付: 1階インフォメーション前にて30分前受付

猩々とは
愛知県の名古屋市緑区(鳴海、有松)や南区(笠寺)、東海市、大府市、豊明市などの地域で、主に秋に開催される祭礼において登場する大人形。頭部は張り子、肩から腰までを竹で組み、羽織を着せたものを、人がかぶる。ちょうど、猩々の胸部から腹部のあたりに、中の人の顔がくるようになるので、大人が被ると2mほどの大きさになる。 猩々はお祭りで練り歩きながら、参列した子どもたちを追いかけ、手に持つ棒や内輪等で叩いたり撫でたりすることで、その子どもの無病息災を願うものとされている。
国際芸術祭「あいち2022」ラーニング・キュレーターの山本高之さんを中心としたプログラム「猩々大発生」では、愛知県児童総合センターと県内の児童館の子どもたちが共に制作した約40体の「猩々」を展示され、制作した猩々を使ったさまざまなプログラムが実施されます。

◎特別プログラム

スプーンを曲げよう
次回開催日:2022年8月24日(水)

アーティストの山本高之さんと一緒にスプーンを曲げます。
曲げる様子を撮影します。

とき: 2022年8月24日(水)13:30−15:30
対象: 7歳から10歳
定員: 15人
受付: 電話(0561-63-1110)またはメール(accc@acc-aichi.org)で、参加者の氏名(ふりがな)・学年・性別・市町村名・電話番号・メールアドレスをお知らせください。

 

※プログラム内容は予告なく変更することがあります