汗かくメディア2019受賞作品公開展示

アートと遊びと子どもをつなぐメディアプログラム汗かくメディア2019受賞作品公開展示

終了しました

  • 会期
    2019年10月12日(土)から10月27日(日) 概ね、土日祝に体験、平日は展示となります。
  • 会期中の休館日
    10月15日(火)、21日(月) 

愛知県児童総合センターが開館した1996年に、「アートと遊びと子どもをつなぐプログラム」の公募が始まりました。2002年に愛知万博開催による休館に伴い公募は中断しましたが、2006年の再開館後、「アートと遊びと子どもをつなぐメディアプロブラム」として公募を再開し、2016年までの10年間さまざまなプログラムが提案・展開されたことを受け、1つの区切りとしました。
そしてこの度2019年、[アート]と[あそび]と[メディア]の原点に立ち返り、2年ぶりに公募を再開し選ばれた「汗かくメディア2019」受賞作品三点の公開展示をおこないます。
新たに始まる、愛知発、世界ではじめての「あそび」を体験してください。

ささえてハウス

SHIBATA Hidenori

人が実際に屋根を支えて柱になることで成り立つ家をコンセプトとしたコミュニケーション装置。大人も子どもも初めて会った人も一緒に家の一部となり、共に頭が固定されることで生じる非日常的な行為・感覚を伴いながら移動し、語らいます。会場に散らばっているミッションカードを協力して見つけ出し、ミッションを達成することを通してお互いの関係性を深めていきます。

プロフィール
現在、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に在学中。大の旅好きで“旅”の要素を抽出した表現を模索し実験している。また、Agasuke Houseというゲストハウスの立ち上げやIAMAS Radio(仮)というラジオ番組のパーソナリティの1人としても活動中。

モノトーク・シリーズ

コココ

「モノトーク・シリーズ」は、ペアやチームで1つのカタチをつくる造形あそびです。制作中に「会話をしない」というルールを設けます。言葉のやりとりを制限し、つくっているカタチだけで<対話>をします。通常のコミュニケーションでは見えてこない互いの考え方を発見しながら、互いの創造性を掛け合わせていきます。

プロフィール
野呂祐人(造形表現)と工藤恵美(認知心理学)によるアートワークショップユニット。造形あそびに特殊なルールや装置などを加え、モノとヒトの関係や、モノを介したヒトとヒトとの関係を問い直すワークショップを制作・実施しています。

けだまマン

NODE

毛玉状のヘッドセットを装着することで視覚情報が変換され、普段とは異なる視界を体験することができます。
身体性のズレを感じながら昔ながらのオーソドックスなあそびを体験する作品です。

プロフィール
NODEはメディアクリエイターの交流、発信を行うことを目的にネットワークのハブとなる活動を行っています。さまざまなメディア表現に関わるワークショップ、イベントなどの活動を行っています。
www.node-lab.org

※プログラム内容は予告なく変更することがあります