今年度最後の「もっと!お父さんを楽しもう!」は、北名古屋市 児童センターきらりにやってきました。

今回のプログラムは「お父さんとえほん?!」

東海地区での「笑っている父親」を増やすことをミッションとして活動しているファザーリングジャパン東海支部のメンバー、久世准生(くぜじゅんき)さんと、橋本淳邦(はしもとよしくに)さんと絵本を楽しみます。

まずはくぜさんの「ころころころ」。

リズムや緩急をつけた「ころころ」に、お父さんも子どももひきつけられます。

はしもとさんがみんなの大好きな「だるまさんが」を、カラダを動かしながら楽しみます。

はじめは緊張ぎみだったお父さんや子どもたちも、盛りあがってきましたよ!

カエルになってみんなで「ぴょーん」!

こんな面白い仕掛け絵本も登場!

二人の楽しい「絵本ライブ」のあとは、たくさんの絵本をお父さんのおひざで読んでもらいます。

絵本好きなお父さんも多く、子どもたちも「これしってる!」

きっと、いつも読んでもらっているんでしょうね。

おわりに、「三びきやぎのがらがらどん」をウクレレの演奏とともにみんなで歌いながら読みました。

楽しい1時間はあっというまにすぎました。

 

 

イクメンキュレーター養成セミナーには、北名古屋市、江南市、大口町、扶桑町から児童館職員、市町村職員、児童クラブ職員、保育士など、様々な所属のかたが参加されました。

これからのイクメンキュレーターとしての取り組みに期待しています。